誰でもおこるED

ED(勃起不全)は、仕事によるストレスや不安、糖尿病や神経性障害、加齢や薬によって男性ホルモンの低下などによって生じると考えられています。

ED(勃起不全)と言っても症状はさまざまで、どんな時でもまったく勃起することがない症状から、朝立ちはするが、性交渉になるとその面影もなく役に立ってくれないものまであります。

このようなED(勃起不全)はいつ、誰にでもおこる可能性を秘めています。

どうしてED(勃起不全)になるのか

ED(勃起不全)の原因として考えられるのは

  • 1. 精神的な原因がある場合
  • 2. 体に何らかの異常がある場合
  • 3. 1と2の両者が合わさった場合

このように分類されます。また、1の精神的な原因は「機能性ED」とも呼ばれ、2の体に異常がある場合は「器質性ED」と呼ばれることがあります。

精神的EDとなる原因

精神的なEDになる場合の原因として考えられるのが「不安」や「ストレス」と言われています。特に現在社会はさまざまな心理的ストレスがあり、どんな人でも少なからずストレスを感じていると思います。

社会で受けるストレスは、対人関係や仕事のストレスを受けすぎや情緒不安定などの障害によってED(勃起不全)になる場合があります。

また、最初の性交渉がうまく出来なかったことがトラウマとなって、性交渉の場面になると不安になって勃起しなくなることなどが考えられています。

どうして、このような精神的なストレスなどからED(勃起不全)になるのは、ストレスなどによって勃起を促す指令を出してくれる脳の活動をストップさせてしまうことが原因ではないかと考えられています。

現在社会では難しいと思いますが、少しでもストレスを感じないように体や心が休まる時間を増やすことで、少なからずED(勃起不全)の改善対策の一つになってくれるのではないでしょうか。

体の異状によって起こるED

中年世代になると、若い頃とは違って体に異常をきたしてED(勃起不全)になるケースが増えてくると言われています。

体の異状といってもさまざまなものがあり、高血圧や糖尿病、全身性の疾患やホルモンの異常などが原因でED(勃起不全)になってしまいます。その他には、先天的な病気によってED(勃起不全)になってしまうこともあります。

そのなかで、一番ED(勃起不全)になる障害は血管の障害と言われています。血管の障害とは、従来血管がもっている柔軟さやコレストロールで血管が詰まってしまうことなどが上げられます。これは、生活習慣病と深く関わっているとされ、動脈硬化などを引き起こします。

※血管を丈夫にするにはコラーゲンを摂取することが重要になってきます。

男性ホルモンの減少によってもED(勃起不全)になってしますことがあります。男性ホルモンは性欲や勃起するためにとても重要な働きをしています。

また、ED(勃起不全)と違い、男性ホルモンの低下によって「男性の更年期障害」が起こるとされています。

フィード