男性不妊の検査

男性不妊検査

男性不妊の検査として、最初に行われるのが精液検査になります。精液の状態を知ることによって男性不妊となっていると考えられる原因を発見しやするなるのです。

精液検査

精液検査とは、精子の状況を調べるものです。そのため精液検査をする場合は3〜5日ほどの禁欲期間後に検査に望むことになります。この期間が短くても長くても精子の数が少なかったり、精子の元気がなくなってきたりなどの可能性があります。

通常は、精液の摂取は病院内で行われます。どうしても病院内で摂取することが出来ないときは、自宅でも可能ですが、摂取後(2時間以内)に持参する必要があります。

この精液検査では、精液の色が正常であるか、精液の量は平均的かなどやpH(ペーハー)の値をみて、炎症などがないのか、精子の運動率はどうか、などを調べていくことになります。

注意が必要なのは、精液検査は1回で終わらないことです。同じ人でも毎回精液の量は異なってきますので、3回ほど検査をする必要があります。

精子の作られる量を調べる検査

精子を平均的につくりための機能に異常がないのかを調べる検査です。

ホルモン検査
脳の下垂体でで精巣の働きを活発にするホルモンと精巣でつくられる男性ホルモンを調べる検査です。
染色体検査
無精子症で精巣が小さい場合などの時に行われる検査です。
精巣生検
精巣の組織を採って、精巣のはたらきがちゃんと行われているのかを確かめる検査です。しかし、一部で術後に炎症になったり、抗精子抗体ができるなどの影響があることがわかってきたので、現在では重度の無精子症の場合のみ行われているみたいです。


精子を運ぶ道の状態を調べる検査

精液検査をして、無精子症や精巣の大きななどその他該当する要因が見られた場合に、精子の通り道なるところを検査することになります。

幼少時の頃脱腸の手術やそけいヘルニア手術によって精管がカットされてしまうケースもあるようです。

精子の元気を調べる検査

精液検査をする前に、まず尿検査をして尿道に炎症などがないかを調べます。もし炎症があったりすると精子の働きが悪くすることがあります。また、前立腺炎でも同じようなことが考えられます。

精液検査で白血球が多く見つかった場合に、白血球の増加となっている炎症を発見するために精液培養検査などもあります。

また、外傷や感染によっておこる抗精子抗体によって精子の数が減っていないかを調べる免疫学的検査もありますが、実際抗精子抗体が精子を減少させていることが解っています。

射精障害(逆行性射精)の検査

逆行性射精症は、射精感はあるが精子が出てこないような症状のことをいいます。この場合の検査としては、院内で射精(マスターベーション)を行い、射精感が起こった時に尿を摂取して、尿の中の精子の量を調べます。

その尿の中に、基準以上の精子が混ざっている場合は、逆行性射精と診断されます。

フィード